眼球トレーニングという視力回復方法

眼球トレーニングは、家で手軽にできる視力回復方法として、最近注目されています。眼の筋肉を鍛え、視力を高めることが眼球トレーニングの目的です。どういった方法で眼球トレーニングは行うものなのでしょう。眼の筋肉とは、内眼筋と外眼筋です。眼の外側と内側にあり、眼の調節をしています。ピント調節の働きをしているのが内眼筋です。ディスプレイ画面を一日じゅう見ていると、内眼筋に疲労が蓄積してピントが合いづらくなります。

 

遠近トレーニング、または調節力トレーニングと呼ばれるトレーニング方法が一般的です。絶えず対象物を見るために動いている人間の眼ですが、眼の動きは外眼筋によるものです。眼球トレーニングを行うことで眼筋の血液が流れやすくし、疲労時に溜まる物質を流しだしたり、弱くなった筋肉を強化する効果があります。外眼筋を増強するための運動では、眼球を上、下、左、右と動かしていきます。無理のないようにすれば、こうしなければならないというものはないようです。外眼筋を強化するために、指を使うという方法もあります。人指し指を一本立てて、上下、左右、斜め、円状に指を動かしながら眼で追います。

 

筋肉の緊張状態を緩和する効果があるといいます。遠近トレーニングと呼ばれる方法とセットでするといいでしょう。ボールペンやえんぴつを目の前に持ち、近くにあるえんぴつと遠くの景色などを交互に見る運動です。お腹での呼吸を意識しながら、えんぴつを見ながら息を吸い、遠くのものを見ながら息を吐きます。遠くと近くで20回ずつを一セット。一日一セットを行います。遠ければ遠いほどいいようです。眼筋トレーニングを家で行うことによって、目が悪くなってきたという人にも有力な視力回復方法になります。