自宅でできる視力回復方法

a0001_012511

 

家庭で視力回復が可能な方法があると関心を集めています。視力の低下に悩まされている人は少なくありません。視力回復の手段として真っ先に思いつくのが、目のマッサージだという人もいます。マッサージをしたからといって、視力がアップすることは滅多にありません。

 

視力回復のためにすべきことは、まず首を弛緩させることです。一日じゅう目を使っていた人、視力が落ちている人は、首の後ろの筋肉が凝り固まっています。首の後ろ辺りの血流が停滞すると刺激に対する抵抗がアップし、血が流れやすくなります。周りが明るく見えるようになり、目の疲れを改善するには目のマッサージが効果的です。また、首のストレッチ運動は、回復方法として良いようです。眼精疲労は、首や肩の血流の悪さにも左右されます。肩が凝り、猫背の癖がある人は視力が下がりがちです。肩のストレッチも視力の回復方法として重要です。

 

マッサージで肩や首をもみほぐした後は、目の周りのツボを刺激してください。視力の回復方法の一つとして、目のツボを押すという行為があります。毎日ツボ押しマッサージを続けることで、大きな変化が見られるとされています。マッサージによって顔の血流と気の流れが改善され、毛様体筋が活発に動くようになるといいます。目の中にある、見た物の像をくっきりさせる効果がアップするといいます。体の中を血液がスムーズに通るよう、肩や首、目の回りなどをマッサージで改善してみましょう。