多汗症には吸引法という手術を

吸引法は、多汗症手術の一つとして行われているものです。吸引法という多汗症の手術は名前の通りです。わきの下の部分に数ミリの穴を開けて細い管を通します。アポクリン汗腺やエクリン汗腺など、汗を分泌する器官を丸ごと吸引することで汗をかかないようにするのです。汗腺の吸引手術とは、エステの脂肪吸引手術と似たような要領で行われます。多汗症の手術ですが、傷跡は数ミリの穴を開けた箇所だけですみますから、ほとんどわからないぐらいの小さなものですみます。

 

多汗症の手術では、汗腺の近くに穴を開け、管を入れてそこから汗を出す汗腺を吸引します。汗腺のある辺りの細胞を見当をつけて除去する手術なので、多汗症の手術に吸引法を使った場合、汗腺が部分的に患部に残ることがあるといいます。多汗症手術の吸引法の場合手術をする医師の技術によるところが大きいようです。経験が豊富な医師がそろっている病院などを調べる必要があります。

 

吸引法のほかには、切開法という多汗症の手術があります。医師が直接汗腺を取り除くもので、脇の下を5センチくらいに渡って切開します。切開法は手術後にワキ部分を固定しなければならなかったり、血腫を起こしたり、皮膚が壊死するリスクなどがあるようです。自分自身の多汗症の症状がどのようなものかや、多汗症の手術にはそれぞれどんな特性があるかなどを考慮に入れて、手術方法を選びましょう。